「髪は女の大事」だと言われますが、そのことを実感

「髪は女の大事」だと言われますが、そのことを実感したことはあまりありませんでした。がんらい美貌に比較的キモチがなく、年令チックにも50代目傍で、美貌院をめぐっても「惜しくもちゃんとブローください」といった指摘されるような集団だったからだ。
ただし、ある時癌の宣告を受け、抗がん剤による際に、ふたたびこのことを認識させられました。はじめは、抗がん剤を通じてもぜんぜん追い越せることがないので、安心していたのですが、検査が下にさしかかったあたりこれから抜け落ち始めました。ある日、シャンプーをしていると、丸々といった髪の毛が抜け、引き続きグングン抜けて赴き、サッと一切抜けてしまったのです。その見た目は、久しぶりに会ったママが腰を抜かしたほどの衝撃的なやり方でした。
検査を終えて、髪の毛が生え始めたあたりには、ありがたくて涙が出たのを覚えています。今では、さっぱり素材の状態に戻りましたが「髪の毛はヒント」だと痛感した体験により、髪や地肌に良いとおっしゃるシャンプーを使用し開始、ドライヤーにも気を使っていらっしゃる。私のような集団の淑女さえ、あれだけの衝撃を受けた抜毛、若々しい淑女や美意識のおっきい女性が抗がん剤を通じて浴びるメンタル苦しみはかなりのものです。目下、スカルプを冷却することにより、抜毛の副作用を軽減する措置が見込めるようになったと聞きました。そういった措置が一般的に行われて、癌になっても抜毛の問題から解消され、検査に専念できるようになってほしいものです。つむじが気になる・・・