私の自慢の家庭は手厚い亭主と可愛い子供だ。亭主

私の自慢の家庭は手厚い亭主と可愛い子供だ。
亭主はとても優しくて、ファミリーに積極的に参加してくれます。
日曜日は補修やおクッキングも手伝ってくれます。
キッズのことも甚だしくかわいがって、オムツの取り換えもしてくれます。
僕が精神病になり医者に入院することになっても、離婚してもいいよというのに、離婚しませんでした。
入院まん中は連日お見舞いに来てくれて、週末は必ずや外泊させてくれていました。
結婚して5世代たってもキッズができなかったのですが、これ程きめ細かい亭主のキッズがあまりにほしくなって、心中医者から退院してから不妊治療を受けました。
そうして、不妊治療を通して半年瞳にキッズが授かりました。
元気な男児が誕生しました。
心中薬を飲んでいたので、奇形児だったらいかんせんとか不安でしたが、なんお変もなく産まれてきました。
大きなガラリチリとした瞳を通じていて、本当に愛くるしいだ。
小さな頃は一心にママに間違えられていました。
今は三年齢になったのですが、ひらがなも些か読めるし、分量も10までわかります。
かわいくて上手い子供が極めて愛情おしいだ。
こんな亭主といった子供がいて、僕はとても幸せです。産後の抜け毛に対する対策